固定資産税 減額

Sponsord Link


固定資産税は減額できる場合がある?

固定資産税は、大部分の方が、納付書が届いたら何の疑問もなく支払っていることと思います。
しかし、それで本当に良いのでしょうか。

 

この納付書に書かれてある税額は、市町村などが土地や建物の資産価値を評価して、課税標準額を決めたりします。

 

不動産の評価は、「国」が規定した「固定資産評価基準」と言うものを参考にして、市町村が決めています。
つまり、北海道稚内市から沖縄県の与那国島まで、全く同じ基準で税額を決めている制度なんです。

 

これらは絶対的に正しいと言えるのでしょうか。

 

もし評価額、固定資産税額に疑問があるのであれば、各市町村の納税課に行くと、実際にどのような評価額になっているのかの資料を見ることができます。
これが「正しくない」と思えば、相談、交渉する事も可能です。

 

しかし、やはり日本人の特性とも言えるのでしょうが、「なかなかそう言う不服みたいな事は言い出せない」と言う納税者が多いようです。

 

そういう場合には、固定資産評価を検証したり、減額交渉をしてくれるサービスを行っている会社・事務所などに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

税理士事務所では、こう言うサービスを行っているところが多数あります。

 

税に詳しくなければ、詳しくなればいい。
でも、その手間暇が大変、煩わしいのであれば、成功報酬を払って、「税の専門家」に依頼すれば良いのです。

 

成功報酬が、固定資産税減額分を上回ることは有り得ません。
それこそ本末転倒ですよね。

 

とにかく、このような悩みを抱えている方は、最寄りの税理士事務所に相談してみましょう。

 

一旦減額されれば、それは3年毎に行われる評価額見直しの際にも生きてきます。
つまり、完全に減価償却されて価値がゼロになるまで、節税効果があるんです。

 

一度してみる価値はありますよ。

Sponsord Link