固定資産税 減税

Sponsord Link


固定資産税の減税手続きはどうするの?いつまで受けられる?

固定資産税には、「減税措置」を受けられる事はご存知でしょうか。

 

そもそも固定資産税とは、土地と建物の評価額×1.4%が基本です。
新築の一戸建てを5000万で購入した場合、市町村が定める評価額と購入額とでは剥離はありますが、仮に購入額=評価額とした場合、1年目の固定資産税額は70万にもなります!

 

でも、初年度で、ここまで高い固定資産税を払った人はあまりいませんよね。

 

そこには、カラクリ(減税措置)があるのです。

 

まず、土地にかかる固定資産税ですが、これは200平方メートルまでの部分は「小規模宅地」と言って、課税されるのは評価額の1/6になります。
それを超える部分の土地部分は「一般住宅用地」と言って、課税対象額は評価額の1/3になります。

 

ですので、土地を2000万で購入して、それを市町村が1500万と評価したとしても、その1.4%がそのまま固定資産税額にはならず、1/6〜1/3に減税されるのです。

 

土地に関してのこの減税措置は、期間は定められていません。
「住宅用地」である限り、ずっとこの措置を受けられます。

 

そして「建物」にかかる固定資産税ですが、「床面積の120平方メートルまでの部分」が1/2になります。
ただ、土地の場合と違うのは、一般の木造一軒家の場合は、「新築後3年間」と言う期間限定の減税措置になります。
マンションなど、地上3階建て以上の耐火構造、一定の準耐火構造の場合は5年間となります。

 

ですので、戸建の場合は3年目、マンションの場合は5年目以降は、減税措置が解除される時期の為、一気に固定資産税が上がりますので、今の内に覚悟しておきましょう。

 

また、この減税措置を受けるにあたり、特別な申請・手続きなどは必要ありません。
市町村がこれらを考慮した上で納付書を作成するので、こちら側からアプローチする事は何一つありません。

 

万一「この税額はおかしい」と思った場合は、すぐに市町村の納税部署に連絡しましょう。

Sponsord Link