太陽光発電 固定資産税

Sponsord Link


太陽光発電設備設置による固定資産税の優遇

今、国は「再生可能エネルギー発電」に力を入れています。

 

原発などに依存しないエネルギーを産み出し、それを再生可能にする事が急務だと考えているようです。

 

そこで、建物などに太陽光発電設備を設置した事業者に対して、期間限定ではありますが、固定資産税を軽減させる措置を取っています。

 

その措置内容ですが、「3年間、課税標準額を2/3にする」という内容です。

 

課税標準額×1.4%が固定資産税となる為、課税標準額が2/3になれば、固定資産税も2/3になる計算になります。

 

これは、土地・建物両方にかかる固定資産税が対象になる為、非常に大きい特例となります。

 

ただ、注意する点が2点あります。

 

1点目は、「事業者のみ」、要するに法人しか対象ではない、と言う事です。

 

良く、個人で「ソーラーパネルを家につけると補助金がもらえる」と言う話がありますが、それはあくまで「補助金」です。
税額減免とは違うので、混合しないようにしてください。

 

2点目は、上述の通り「3年間限定」である事。

 

固定資産税が課せられる年度から3年分の固定資産税に限る、と言う縛りがあります。

 

それ以降はこの特例を受けられないので、4年目以降は固定資産税が上がる事になります。

 

しかし、企業としてこのような取り組みを行っていること自体、顧客へのアピールとなりますし、国の為にもなります。

 

採算を度外視してこのような設備投資はできないかと思いますが、長い目で見ると、法人の為になる事も多々あるでしょう。

 

とにかく、太陽光発電設備を整えると、このような減税の特例がある事を頭の片隅に入れておくと、今後役に立つことがあるかもしれません。

 

覚えておいて損はない知識ではないでしょうか。

Sponsord Link