駐車場 固定資産税

Sponsord Link


駐車場の固定資産税は高い?

ある一定の広さの土地を購入したとして、そこにアパートを建てるか、駐車場にするかで、固定資産税は大きく変わります。

 

住んでいた一戸建てが古くなったので、取り壊して駐車場にしたら、急に固定資産税が高くなった、と言う事例も数多くあります。

 

これは一体何故なのでしょうか。

 

その秘密は、「住宅用地に対する課税標準額の特例」にあります。

 

登記簿上「住宅用地」であり、実際土地の上に家屋が建っていると、課税標準額が以下のようになる特例が受けられます。

 

  • 200平方メートル以下の住宅用地:評価額の1/6
  • 200平方メートルを超える住宅用地:200平方メートルまでの土地に対しては評価額の1/6、それを超える土地に対しては評価額の1/3

 

計算上、課税標準額×1.4%が固定資産税になるわけですから、上記がそのまま固定資産税に響いてくるわけです。

 

非常に大きな「優遇」ですよね。

 

これに対し、駐車場はもちろん登記簿上「住宅用地」にはならず、「雑種地」となります。

 

ですので、課税標準額×1.4%の計算式に、上述のような特例が受けられず、その金額がそのまま固定資産税額となるわけです。

 

ですので、体感としては「駐車場の固定資産税は高い」と思われるのかもしれません。

 

しかし、実際には「住宅用地として使用している土地に対し、税額が減免される措置がある」と言う事なので、「住宅用地の固定資産税が安い」と言う事になります。

 

駐車場にかかる固定資産税が、実はなんの優遇措置も取られていない、土地にかかる「本当の」固定資産税額、と言う事です。

 

同じ面積の、「駐車場」と「家が建ってる土地」にかかる固定資産税、実際に高いのはもちろん駐車場の方です。

 

ただ、「駐車場の土地にかかる固定資産税が高い」のではなく、「家が建っている土地にかかる固定資産税が、特例により安くなっている」と言う事を覚えておいて欲しいです。

Sponsord Link