固定資産税 引き落とし

Sponsord Link


固定資産税の引き落としができる?

固定資産税は、原則は銀行やコンビ二などでの現金支払いとなっています。
しかし、東京都では銀行口座からの引き落としの手続きをすれば、自動的に納税する事ができます。

 

それには、銀行や郵便局などでの「口座振替依頼書」に必要事項を記入したりする必要がありますが、大した手間ではありません。

 

それより、引き落としによるメリットが非常に大きいです。

 

それは「支払い忘れの防止」。

 

納付書は届いているけど、忘れてしまっていて、気づいたら納期が過ぎていた。
こんな話は良くあります。

 

1日でも遅れると延滞金が発生しますので、どうしても避けたいところですよね。

 

しかしこの手続きをすると、納期の末日に自動的に納税する事ができるので、このような事態も発生しません。

 

銀行などの金融機関に足を運ぶ手間も要らないですし、納税忘れもない。

 

この「口座振替」は、絶対オススメです。

 

・・・ただ、固定資産税の自動引き落としを実際に行っている自治体はまだ少ないのが実情です。

 

しかし、このシステムが納税者とって悪いことはひとつもなく、需要が高いことは間違いありません。

 

ですので、今後自動引き落としを行っていく自治体が増えていくでしょう。

 

あなたのお住まいの自治体は、固定資産税の引き落としを行っていますか?

 

今すぐネットや電話で調べて、できるならすぐに手続きをしましょう。

 

できなくても、悲観することはありません。
上述の通り需要は多いので、今後導入される可能性があります。

 

手間の多いシステムより少ないシステム、リスクのあるシステムよりないシステムの方が、当然将来性があります。

 

世の中どんどん便利なようになっていくのが常ですので、今後、もっと画期的な納税法が出てくるかもしれませんね。

Sponsord Link