固定資産税 仕訳

Sponsord Link


不動産経営には、固定資産税の「仕訳」が必要

不動産経営で欠かすことのできない事の一つが、固定資産税の「仕訳」です。

 

「仕訳」とは簿記上の言葉で、発生した取引を、キャッシュフローとして勘定科目に分類することです。

 

法人の会社などでは普通に行っていることですが、ここ数年、個人でアパート1棟を持ったり、一軒家を賃貸に出したりという「個人不動産経営」の需要が伸びてきています。

 

サラリーマンの副収入だったり、定年退職された方の収入源だったりします。

 

個人とは言え「事業主」となるわけですから、お金がどこから発生してどこに流れる、と言ったキャッシュフローをきちんと記録しておく必要があります。

 

事業主としてアパートの経営などをしている場合、当然固定資産税は「経費」となります。

 

その経費はどこから来るか。

 

大体の場合は預金から下ろして、支払うことになります。

 

そうすると、固定資産額が10万で、1期分が25,000円の場合、仕訳は

 

固定資産額合計100,000円、内○月納付分25,000円。
租税公課:100,000円。納付分25,000円(現金)
未払い税金:75,000円

 

このようになるわけです。

 

このような計算はすぐに出来るかと思いますが、用語が難しいところですね。
とは言え、事業主が勘定科目の用語を「知らない」では通らないのです。

 

事業主とは正しく「主」ですので、家賃収入を得たり、税金を収めたりと言う「損益」の換算は非常に重要で、且つ事業主にしかできない事です。

 

これらは所得税の確定申告の際にも非常に重要になってきますので、「知らなかった」では通らない部分もありますし、知らない事があると損をする場面も多々あります。

 

事業主として成功する為には、このような勉強も怠る事は許されないのです。

Sponsord Link