固定資産税 分割

Sponsord Link


固定資産税は分割支払いできる?

固定資産税は、納期が4回に分かれていて、それぞれに納期が決められています。

 

これもある意味「分割払い」と言えるのですが、4期分一気に支払う「一括払い」ももちろん可能です。
4期分一括払いをすると、自治体によっては割引が利く場合がありますので、お住まいの市や区の納税課に聞いてみましょう。

 

しかし、固定資産税の納付で一番問題なのが、「1期分も支払う事が困難である」ような場合。

 

このよう場合には、1期分を更に分割納付する事が可能です。

 

詳しくは納税課の窓口に聞くのが早いので、「今年は色々あって家計が苦しい。固定資産税を分割納付したい」という場合には、相談するとよいでしょう。

 

ただ、注意点が2点ほどあります。

 

1点目は、「催促料」がかかる事。
催促料とは、分割納付の手続きをした場合、一般の納期の方とは別個に、納付書を作成しなければなりません。
その手間もかかりますし、納付書の郵送料も一般納付の方より多くかかってしまいます。

 

ですので、相談の上、分割払いがOKとなった場合でも、余計なお金がかかってきてしまう、と言う事です。

 

2点目は、「課税額に延滞金がついてしまう事」。
分割支払いOKと言われても、実際の納期は、4期分まとめて支払う際と同じなのです。

 

ですので、分割支払いの納期と、実際の納期にズレが生じてしまいます。

 

そのズレをどこで埋めるかと言うと、「延滞金をかける」と言う事になってしまうのです。

 

どうしてもお金がなくて、固定資産税を分割払いにすることは可能ですが、上述の通り、結局は普通に支払うより多くのお金が必要になります。

 

よっぽどお金に困っている年以外は、最初に送付されてくる納付書の通り、4期分の納期をきちんと守って支払うのがいいですね。

Sponsord Link