固定資産税 延滞金

Sponsord Link


固定資産税の延滞金は損金算入できる?

固定資産税は、支払うのが遅れると当然延滞金が発生します。

 

納付期限後1ヶ月までは年利7.3%ですが、その後になると年14.6%と、2倍になります。
これだと、巷のキャッシングとほとんど変わらないですよね。

 

ですので、固定資産税は遅れずに支払いましょう、と言うのが原則になります。

 

ただ、どうしても忘れてしまった場合。
例えば法人の会社などで、ほかの様々な支出と共に固定資産税が埋もれてしまい、ついつい支払うのを忘れてしまった、という例は少なくありません。

 

その場合、固定資産税の延滞金は「損金算入できる」事になっています。

 

「損金算入」とは、会社の利益などの仕分け上は、損失や費用には当たらないものでも、税法上は損金、即ち会社の「マイナス資産」として考えることができる金額のことです。

 

ですので、延滞金は支払わなくてはいけませんが、その分の金額はマイナスの資産になる為、法人税、即ち法人の所得に応じて課せられる税金を安くすることができるのです。

 

その場合、固定資産税の延滞金はどう言う「仕分け」になるのか、と言うのが問題になってくると思います。

 

これは経理上の話になってくるのでかなり難しいのですが、延滞金は「税金そのもの」ではないので、「租税公課」ではなく、「支払い手数料」または「雑費」などの項目になります。

 

固定資産税ですらかなり難しい話なのに、その「延滞金」となると、更に話がややこしくなり、法人の経理課の方は非常に頭を悩ませるところでしょう。

 

しかし、その会社の為には、1円でも多くの損益を出す為に、節税をしなければなりません。

 

一番良いのは「延滞金が発生する前に固定資産税を支払う」と言う事ですが、万一それができなかった場合でも、正に「1円のやりくり」をする必要が法人にはありますね。

Sponsord Link