固定資産税 評価替え

Sponsord Link


固定資産税の評価替えはいつ行われる?

家屋などは年々原価償却されていくものなのに、何故か固定資産税が下がらない。
こんな経験をした方も多いのではないでしょうか。

 

これは、固定資産税を決める「課税標準額」(評価額とも言い換えられます)は、毎年変わるのではなく、3年毎に決められるからなのです。

 

裏を返せば、一度決められた課税標準額は、3年間据え置き、と言う事になります。
その為、年々傷んできているのに、固定資産税が変わらない、と言う事が起きるわけです。

 

その基準年度(3年置き)という時期が来ないと、評価額は変わらない制度になっているわけです。

 

しかし、家屋の増築や、土地の大幅下落があった場合に関しては、「価格を据え置くことは妥当ではない」と市町村が判断し、基準年度ではなくても評価の修正をする場合があります。

 

固定資産税に関する知識は非常に難しく、難解で理解できないことも多々あるかと思います。
そういう場合は、資産のある市や区を担当する固定資産税担当の事務所(区役所・市役所・役場など)に相談すると良いでしょう。

 

訳も分からず、納付書通りにお金を払うのではなく、「何故この金額を払うのか」「何故去年と税額が変わらないのか」「何故前年よりこれほど下がったのか」など、たくさんの疑問が生まれるはずです。

 

それを放置して「まあいいや」で済ませる事なく、「国の為に税金は払う。その代わり、自分が納得するまで説明してもらう!」と言う気持ちになって、初めて「納税義務」の役目を果たすのではないでしょうか?

 

「3年おきに評価額が見直される」と言う事すら知らずに、ただただ納付書に書いてある金額を収める、というのでは、多かれ少なかれ「不満」も出てくるかと思います。
それを解消して、気持ちよく納税する為にも、自分が支払う税金に関しては、「難しいから」と言って避けることなく、理解を深めていくと、案外興味が出てくるのではないでしょうか。

Sponsord Link