固定資産税 滞納

Sponsord Link


固定資産税を滞納し続けるとどうなる?

固定資産税は、毎年1月1日の時点での固定資産の所有者に、納付書が送付されます。

 

普通の方は、納付書の期限に従って支払っているものと思われますが、諸々の事情で、これを破った場合。
支払いを拒否したり、無視し続けたりした場合にはどうなるのでしょうか。

 

まず、自治体から督促状が届きます。
その文面はかなり厳しく、「期限までに支払わないと給与・資産の差し押さえを」行う」旨が書かれています。

 

この文面にビックリし、慌てて納税する、というのがほとんどです。

 

しかし、これにも応じなかった場合。
実際に、まずは給与の差し押さえが始まります。

 

これだけで滞納分・延滞金などが支払うことができれば良いのですが、そうでない場合もあります。
最終的には、持っている資産(土地・建物など)が差し押さえられ、競売にかけて、その資金を税金徴収に充てる、と言う事が成されます。

 

こうなると、住む家もなくなりますし、財産もなくなります。

 

それすらも無視し、そのまま住み続けても、所有者は競売の落札者に移ります。
納得いかない場合は裁判で争うことになりますが、ほぼ100%敗訴します。

 

こうならない内に、固定資産税を納税するのが良いですね。

 

また、自治体がどうしても税金の徴収ができない、と諦めるケースもあります。
この事を「不能欠損処分」と言います。

 

身寄り、親族のいない一人暮らしの納税者(=滞納者)が死亡し、相続人もいない場合などが、これに当てはまります。
どこをどう探しても相続する権利のある人が見つからなかった時の、特別な措置です。

 

親類がいて、「遠方に住んでいて状況を把握していない」「絶縁状態にある」という程度では、こういう措置をとらないので、親類の固定資産所有状況は知っておく必要があります。

Sponsord Link